top of page

ボーカリストのMyマイク

アマチュアボーカリストの皆さん、Myマイク持ってますか?

楽器屋さんに行けばギターやベースは所狭しにドワーっと置いてあるのに、ボーカル用のマイクが揃っているお店はあまり有りませんよね?

今日はボーカリストがライブで使うハンドヘルドマイクのお話。

レーコーディング用のマイクと違って、手に握って歌うのでハンド・ヘルド・マイク。

プロでも無い限り、歌い手さんの中でも自分のマイク持ってるよって言う人は少ないんじゃないでしょうか?(失礼な!!当然持ってるって方にはごめんなさい (m_ _m))

楽器を引く人は、自分の使う楽器にとてもこだわりを持っていますよね。

ジャンルや楽曲によって使い分けたりもするし、ブランドや年代にもとことん愛着を持って追求します。

でも、ボーカルの皆さんはスタジオでもライブでも、そこにあるマイクを使っている事って多くないですか?

ボーカリストだって使うマイクに合う合わないがあるはずだし、自分のパフォーマンスをより良くお客さんに伝えたいと思っているのに、

可能なら、自分の声が表現が最大限に引き出されるマイクを使ってライブしたいと思っているはずです。

なぜ、ボーカリストは楽器引き程使う道具に拘らない、叉は、拘れないのか?

ボーカリストの皆さんにMyマイクを使いこなして、自分の歌の魅力をもっと引き出してほしい!!

そんな気持ちで、ボーカリストがMyマイクを持つ為に必要なあれこれ、書いていきたいと思います。

先ず、Myマイクを購入するにはどんなマイクが自分の使い方に合っているのか判断できなくては行けませんよね。

歌いやすいかそうでないかだけでなく、マイクの種類による違いや性質、扱い方、重さや見た目も大切な要素になってきます。

そして手に入れたマイクで最高のパフォーマンスを、気持ちよく歌えるようにセッティングする為にはPAさんの協力が不可欠です。当然持ち込みマイクを使うにあたって最低限のルールやマナーと行った物が有ります。

これらをクリアーしてこそMyマイクを持つ価値があるというものです

その

①まず最低限で良いので、マイクがどんな物かという事をちゃんと知りましょう。

そうすれば自ずと扱いも分かるようになります。

ダイナミックやコンデンサーの種類の違いから、指向性等特性の違いを知る事でも扱うシーンが変わってきます。ハウリングの起こる仕組みなども、きちんと理解していればマイクさばきも違ってくる事でしょう。

歌のうまいボーカリストはマイクの扱いが上手な人も多いです。

レコーディング用マイクと同じようにハンドヘルドマイクにもコンデンサー型というのがあります。

やはり、表現力やクリアさと行った点ではコンデンサーマイクでしか得られない利点が沢山有ります。

なぜshureのダイナミックSM58がどこにでもあるのか?音への信頼性はもちろんの事、ちょっと落としたぐらいでは壊れない堅牢性や、汗に強い、ハンドリングノイズが少ない等、不特定多数の人間が多少乱暴に扱ったとしても大丈夫な、現場での実績と信頼